マンションオプションとリフォーム専門のRe:Mansion

BLOGブログ

焦って注文するのは損!計画必至のオプションランキング

こんにちは。

映像クリエイターのハヤシです。

 

最近、打ち合わせ後のプランナーより、

「お客様が新築マンションオプション会で、

ダウンライトを発注していて・・・もったいない~!(泣)」

という嘆きの声をよく耳にします。

 

どうしてもったいないのか、何がもったいないのか。

当ブログでは、

「焦って注文するのは損!プランマスト(計画必至)のオプションランキング」を、

外注業者の映像クリエイターによる独断と偏見で(笑)ご紹介いたします!

【第3位 壁紙&タイル】

まずご紹介するのは、壁商材の代表格【壁紙&タイル】。

「アクセントクロス」や「エコカラット」などは、

マンションオプションを検討されているみなさんには

お馴染みのワードではないでしょうか。

ha_001_20210904

壁装飾は、手軽に内装の雰囲気を変えることができるため、

マンションオプションでも多くの方がご注文をする人気の施工です。

デベロッパー主催のマンションオプション会でも、

「アクセントクロス」や「エコカラット」はもちろん取り扱っておりますが、

その品数は非常に限られており、選択肢が少ないということが多いそう。

 

実際に、先日オプション会に参加された、

(大手不動産会社売主の)新築マンションを購入されたお客様からは、

「アクセントクロスは、5種類ほどのカットサンプルを見せられ、

『この中から選んでください』と言われ、まったく好みのものが無くて

困りました(汗)」というお話をお聞きしました。

待ち望んだ念願の住まい、せっかくなら世の中にあるすべての壁商材から、

一番好みのものを選んで、自分色に染めたいですよね。

 

Re:Mansionでは、基本的に、正当な販売が行われているメーカーの商材であれば、

【国内/外】【会社規模】などを問わず、施工を承ります。

最近では、国内製造品に好みのものがなく、

海外ブランドのクロスをご希望される方も多くいらっしゃいます。

ha_002_20210904

ha_003_20210904

施工事例/神戸市H邸より(※リノベーション専用サイトへ飛びます。)

ha_004_20210904

ha_005_20210904

▲奈良市S邸(※施工事例で近日ご紹介予定です!)

ha_006_20210904

ha_007_20210904

▲大阪市S邸(※施工事例で近日ご紹介予定です!)

 

海外製クロスは、デザインが鮮やかなものが多く、

空間を一層ゴージャスに仕上げます。

「タイル」ももちろん、Re:Mansionでは幅広い商材を取り扱っており、

デベロッパーオプションでは扱いのないお好みの製品も、施工可能かもしれません。

ha_008_20210904

▲見切り材不使用/コーナーも美しいL型エコカラット(施工事例/滋賀県E邸より

 

こちらは、[玄関-廊下]の壁に施工した

【エコカラットプラス/グラナスルドラ(ホワイト)】。

ダウンライトに照らされ、凹凸の表情が際立って美しいですね。

 

何気なく見えるこの「エコカラット」ですが、コーナーにはL字型の

「エコカラット役もの」(ECP‐2515N/90‐14/LDR4N)を使用しております。

これにより、玄関から廊下にかけての壁の流れが、

自然で滑らかなものになりました。

これも、選択肢の少ないオプション業者では、

注文することができない品番かもしれません。

 

「壁紙」や「タイル」は、数えきれないほどの品数が流通されており、

その年のトレンドなどに合わせて、毎年新製品が登場いたします。

自分好みの1点が見つかるまで、諦めないで探し続けてほしいです。

もし、膨大な数の品番選びに疲れてしまったら、ぜひご相談ください。

製品情報に長けた熟練のプランナーたちが、

お探しのイメージをお伺いし、スマートにご提案いたします。

【第2位 ダウンライト(間接照明)】

埋め込みの照明工事って、天井や壁に穴を開けたり、補修をしたり、

なんとなく大掛かりなイメージがありますよね。

そのため、早く注文をしないと後から追加発注することは難しい、

と考える方が多く、デベロッパーのオプション業者に注文済み

という方からのご相談も多く承ります。

 

そして、そのほとんどが、

とりあえずお部屋が暗くならないための、無難な照明計画。

これでは、せっかくこだわって選んだ「ダイニングテーブル」や

「キャビネット」などの家具、「壁紙」や「タイル」などの

素材を活かしきることができず、お住まい全体のコーディネートが

中途半端になってしまいます。

そうならないために、照明計画は、

その他の内装プランが完成してから考えましょう!

 

よく、Re:Mansionのプランナーが、

「空間コーディネートにおいて、照明計画は”命”。

活かすも殺すも照明次第」と口にしています。

そのくらい、照明が内装デザインに与える影響は大きいです。

ha_009_20210904

ha_010_20210904

ha_011_20210904

▲お気に入りの絵画を美しく魅せるスポットライト(施工事例/東京都世田谷区I邸より

ha_012_20210904ha_013_20210904

▲旧居から愛用のミラーと、タイルを演出するダウンライト

 /奈良市S邸(※施工事例で近日ご紹介予定です!)

照明は、「空間を明るくするため」だけでなく、「より快適に過ごすため」

「大切なインテリア・雑貨をより良く見せるため」にも効果を発揮します。

 

ダイニングテーブルに並ぶ料理を、より美味しく見せるための照明計画、

読書を楽しむ、愛読家のための寝室照明計画、

お気に入りの絵画に、スポットライトを当てるための照明計画…

Re:Mansionでは、様々な視野から、お住まいがより良くなるための

照明計画をプランしております。

【第1位 造作家具】

そして、絶対に!プランマストなオプションランキング1位は、

「カップボード」や「TVボード」などの「造作家具」。

 

Re:Mansionにご相談いただくお客様の中でも、

お問い合わせの動機として最も多いのが、

「マンションディベロッパーより提案されたカップボードが、

非常に高額で、そして何より愛用している食器が収まらない」など、

業者からの提案に対する費用対効果へのご不満からです。

 

「造作家具」は、「壁紙」や「タイル」などの装飾とは違い、

見た目はもちろん、使い勝手も考慮しなくてはいけません。

ha_014_20210904

ha_015_20210904

▲冷蔵庫に表面材合わせた鏡面カップボード

 /奈良市S邸(※施工事例で近日ご紹介予定です!)

 

こちらは、冷蔵庫と奥行の寸法を合わせたことで、

一直線のすっきりとした”面合わせ”で収まった「カップボード」です。

 

吊り棚下部に、ライン照明を仕込み、

「カップボード」をより美しく見せることはもちろん、

天板で作業されるお手元を、明るく照らします。

 

Re:Mansionでは、お客様とプランナーが幾度となく打ち合わせを重ね、

図面ライターがその内容を図面に描き起こし、

ようやく完成したものを、今度は家具職人が製作します。

 

「カップボード」であれば、お客様が、普段使われる

”食器”や”調味料”は収まるか、下台の高さは、ご身長に合っているか、

表面材は、周りに配置予定の家具や、空間とのバランスに合っているか、

取手の仕様は、お好みのものかなど…

 

ヒアリングを徹底し、見た目も使い勝手もお客様のお好みに合わせた、

世界に一つだけの家具を製作しております。

それだけの手間や時間をかけて製作した家具は、一生の宝物になります。

長くなりましたが、映像クリエイターハヤシによる、独断と偏見ランキングでした。

大切なお住まいのために、最良なプランをお選びください!

TOP