マンションオプションとリフォーム専門のRe:Mansion

BLOGブログ

建具の修繕ってどうやってるの?補修工程を大公開!

こんにちは、イワタです。

マンションのリノベーションに伴い、

建具(木製内部ドア)の修繕が必要な案件がありまして、

建具に木目のシートを上貼りして修繕をしましたので、

その修繕方法をご紹介致します。

 

まず現況がこちらになります。

iwa_001_20210904

廊下に面した洋室のドアになります。

iwa_002_20210904

表面に穴が空いてしまっておりますので、

一旦扉を取り外して、工場に持ち帰ります。

iwa_003_20210904

そして、取手、丁番の金物をすべて取り外します。

iwa_004_20210904

iwa_005_20210904

iwa_006_20210904

取り外した金物は、どこに取り付けられていたものか、

復旧できるように印をつけておきます。

iwa_007_20210904

破損している箇所の範囲を四角く囲い、

トリマーという器具で表面の板をカットしていきます。

かなり木くずが舞います。

iwa_008_20210904

表面の板を取り外した状態がこちらです。

iwa_009_20210904

表面の板を取り外すと中は、段ボールがハニカム状に入っており、

建具の周囲には、芯材が入っております。このようなドアを

フラッシュドアといい、軽量で取り扱いもしやすいので

一般的に普及されている構造になります。

iwa_010_20210904

(赤枠部分が芯材になります。)

iwa_011_20210904

表面の板を剥がした周囲に、

補強のための木材を挟み込むように入れてから、ボンドを塗ります。

iwa_012_20210904

その上から、表面とフラットになるように新しく板を貼ります。

(この上からシートを貼りますので、柄は揃ってはいないです。)

iwa_013_20210904

プレス機でぐぐっと密着させ、2時間くらいおきます。

iwa_014_20210904

プレス機から取り出した状態です。ここまでが、下処理になります。

 

そのあとは、シート屋さんが建具を包み込むようにシートを貼ります。

シート貼は、しわにならないように丁寧に処理をしていきます。

(かなり熟練の技術が必要です。)

※また、シートは既存の柄と合うようにシートのカタログから、選定をしております。

iwa_015_20210904

シートを貼って金具も復旧し取り付けた状態です。

iwa_016_20210904

完成です。他の建具ともマッチしております。

 

このように、建具の修繕も取り扱いしておりますので、ご紹介させて頂きました。

TOP