マンションオプションとリフォーム専門のRe:Mansion

BLOGブログ

施工事例を“ 映像 ”で見る

はじめまして!

映像制作を担当しております、ハヤシです。

 

いつどこへ行っても騒がしく、

「うるさい」と言われがちですが、

曲がったことが大嫌いで、意外と真面目な一面もあるつかみどころのない人間です(笑)

 

その真面目さゆえに、ブログも少々堅い内容や表現も多いかと思いますが、

どうぞ今後ともお付き合いくださいませ^^

 

さて、今回ご紹介するのは、

「施工事例を“ 映像 ”で見る」ことについてです。

 

まずはコチラをご覧ください!

最近、弊社で施工させていただいた事例紹介の動画です。

 

InstagramやPinterestなどの『 “ 写真 ” での情報共有サービス』は、

みなさまもよく利用されているかと思います。

(わたしもよく通勤時やお昼休憩中などに、

最近のトレンドやお客様のニーズを把握するために

ちょっとだけ見ようとするのですが、関連画像についつい目移りしていまい、

休憩時間を全部費やしてしまった、、、なんてことがよくあります。)

 

“ 写真 ” は、

「端的」で「的確」かつ「スピーディ」に情報を伝えることができるので、

情報発信者 (撮影者や投稿をする人) も

受信者 (それを見る人) も

手軽に情報共有ができて便利ですよね。

 

ただし、

“ 写真 ”には『奥行(時間的、空間的、聴覚的)』が存在しないため、

足りない情報を「想像」で補う必要があります。

それを一発で表現できるのが “ 映像 ” の強みです。

 

例えば、こちらの「大阪市北区Y邸」のTVボード

 

img1111_01

あらためて、やっぱりかっこいいですねー!

でもこの写真1枚だと、「機能性」や「素材」「質感」がわかりにくいですよね。

 

img1111_02

TVボードの扉を開けると、

「あ、扉は4枚なんだ!」というのが分かります。

でもその「機能性」や「質感」はまだいまいち分かりにくいです。

 

これを“ 映像 ”にすると、、、

 

 

いかがでしょうか。

扉を開閉することで黒ガラスが光を反射し、とても光沢があるということがわかります(→空間的奥行)

 

また、フラップ式扉にはソフトダウンステーションを使用しており、

ゆっくり静かに開閉する「速度」や「感触」が“ 映像 ”と音でわかります(→時間的、聴覚的奥行)

 

その他、

ダウンライトの「調光」やエコカラットの「質感」なども

細かいことだけど、こだわりたいですよね。

 

映像なら、機能性やデザイン性がより正確に伝わるメリットがあります。

 

これから “ 映像 ”だから提供できる、

お客様のこだわりに寄り添える情報を今後も発信していきます!

どうぞお楽しみに!

TOP