マンションオプションとリフォーム専門のRe:Mansion

BLOGブログ

ガラスディスプレイ×収納の造作工事

こんにちはイマムラです。

 

本日、ご紹介する記事は、

新築マンションリフォームです。

 

その中でも、特に力を入れた工事が、

リビングに、ご主人の仕事部屋となる

スペースを、一部屋増やすという内容です。

 

まずは、こちらのビフォーアフターをご覧ください。

ブログ写真57_200509_0036

ブログ写真57_200509_0035

▲ビフォー/内覧会時の写真

 

ブログ写真57_200509_0004

▲アフター

 

何も無かったリビングの一角に、

4畳半程度のスペースの部屋を造作工事で増やしました。

 

仕上がった壁面には、リビングのテレビを壁掛けできるように。

また、最もこだわったのが、壁にガラスを埋め込んだ部分。

ショーケース的な役割に加えて、その下には収納スペースを設けています。

 

ブログ写真57_200509_0010

ブログ写真57_200509_0006

▲ディスプレイ棚:「ガラス」と「収納」

 

では、実際に造作した様子をご覧ください。

 

まずは、墨出しです。

下地を建てる仕上がりをイメージして、壁厚などの計算をします。

その際に、今回できる壁が、既存の照明や、

壁、何かしらに不具合や、影響が、ないかを確認します。

 

それらを確認した上で、

それ以外のスペースをがっちり養生します。

 

ブログ写真57_200509_0034

ブログ写真57_200509_0033
▲養生シーン

 

次の工程は、一気に下地を建てていきます。

ここで、注意しないといけないのは、

 

※部屋の内部にも収納を作らないといけない事。

※合わせて内部には、家具も、取付ける事。

※仕上がり面には、65インチのテレビを吊るので、最終的な補強を入れる。

※各所の電灯配線の仕込み。

 

など。

下地を作りながら、それらの事も考えながら工事を進めていきます。

 

ブログ写真57_200509_0032

ブログ写真57_200509_0031

ブログ写真57_200509_0030

ブログ写真57_200509_0029

▲下地工事

 

下地が完成で、つぎの工程は、クロス工事を進めます。

いつ通りにパテと、

今回は、ガラスを入れる面には、

特にパテに時間を入れてもらいました。

クロスのひび割れの原因とならないように

下地に甘い所がないかなど、細かくチェックしていきます。

 

ブログ写真57_200509_0023 

ブログ写真57_200509_0021

ブログ写真57_200509_0020

▲パテ

 

無事にクロス工事が、終わって、

次の工程は、ガラス工事。

今回ガラスは、L字になってるところもあるので、

難易度はどちらかというと高めでした。

 

ブログ写真57_200509_0014

ブログ写真57_200509_0013

ブログ写真57_200509_0012

▲ガラス工事

 

どの工程も、気を抜ける作業は無かったです。

みんなで一丸となって作業を進める事ができたので、

高い完成度の仕上がりとなりました。

 

ブログ写真57_200509_0001

ブログ写真57_200509_0004

ブログ写真57_200509_0003

ブログ写真57_200509_0002

 

お客様からも、絶賛の声を頂いて、何よりです。

以上、イマムラでした。

TOP