マンションオプションとリフォーム専門のRe:Mansion

WORKS施工事例

収納量を感じさせない美しい造作家具たち@大阪市中央区K邸

img1108_02

生活の質を高めるならスマートな収納プランを

新築に限らず、集合住宅であるマンションの場合、収納スペースはどうしても限られてしまうもの。引っ越し前にお手持ちの家電のサイズやアイテム数をしっかりと把握して、無理のない容量を持ち込むようにしましょう。入居までに時間があるなら、どの程度の収納スペースが必要なのか、どこに収納すれば家族全員が使いやすいかなど、暮らしを見直すことが大切です。

限られたスペースを最大限に活用し、収納プランを考える事で、ムダなくスマートに暮らせるはず。オーダー家具なら、お客さまのご希望に合わせた収納計画が可能になります。

 

今回ご依頼いただいたKさまは、キッチンスペースのオーダー家具と各部屋の収納スペースの見直しをご希望でした。

生活感が出がちなキッチンスペース、リビングダイニングのアイテムで溢れがちなカウンターまわりに、カップボードとカウンター下収納を。各部屋のクローゼットや、大容量のウォークインクローゼットも使いやすくするにはどうすればよいか、丁寧にヒアリングしながら何度もお打ち合わせを重ねていきました。

 

img1108_16

こちらが工事前にまとめたご依頼内容の仕様図です。リマンションでは、大規模な工事の場合、お客さまに上記のような仕様図をお渡しして、工事内容の全貌を把握していただいております。鍵のお預かり時にも現地で再度ご確認いただき、疑問や不安を解消することで、より満足度の高いオプション工事をお届けできます。

 

今回の仕様図では、オーダー家具の設置、クローゼットの造作工事、ミラーの施工などが並んでいますが、見どころは赤くマークしているウォークインクローゼットの開口部の工事。ウォークインクローゼットは、洋室①に設けられた専用の収納スペースでしたが、家族全員が使えるように開口部(入り口)を廊下側に移し、洋室①の開口部は塞いでコンパクトなクローゼット収納を新設しました。

こうすればウォークインクローゼットに家族全員のアイテムを収納できるので、使い勝手がグンと良くなります。

システムキッチンに合わせて家具をデザイン

img1108_01

最近は、リビングダイニングからキッチン内部の様子が見えるオープンタイプが主流です。そのため、カップボードもデザイン性にこだわる方が多くなってきています。スタンダードなホワイトカラーやナチュラルブラウンの他、艶やかなブラック、絶妙なニュアンスのグレージュなど、色味だけでも選択肢は非常に豊富。

Kさまの新居でも、フローリングにあわせて明るい色味にするか、クロスに合わせてホワイトで圧迫感をなくすかなど、選択肢はたくさんありました。しかし、システムキッチンの面材と建具(ドア)の木目と色味がお好みだったようで、同じダークブラウンの木目調でデザインすることになりました。

 

img1108_03

カウンターは角部分をR型+オープンの飾り棚にすることで、収納だけでなくインテリア性も高くしています。

また、上段のオープン部は奥行が他の収納スペースよりも浅くなっているのですが…、

img1108_10

それは反対側のキッチンシンク上にオープン収納を新しく設けたため。

カウンター下の収納スペースを利用して、キッチン側とダイニング側と、両サイドから使いやすい収納プランをご提案させていただきました。

 

img1108_17

▲カウンター下収納図面/図面を見ていただくと、背中合わせで設けたキッチン側とダイニング側のオープン収納の納まりがよく分かります。

 

img1108_04

img1108_07

カップボードは、システムキッチンに合わせた面材とライン取っ手をセレクトして、統一感にこだわりました。右側のトール収納は可動棚板を多くプランしているので細々したアイテムを自在に収納できます。

また、カップボード上部の吊戸棚と、冷蔵庫上に伸びた収納スペースは、マンションの構造上取り壊すのが難しい梁を隠す役割も持っています。

 

img1108_18

▲カップボード図面

 

img1108_08

img1108_09

キッチンスペースの奥には、Kさまのご希望でコンパクトなニッチを設けました。調味料や調理器具、料理本やタブレットなどの端末の仮置きなど、使い方は無限大。壁の構造を調べてみないと、どれだけの奥行が確保できるか分からなかったのですが、改めて仕上がりを見ると十分なスペースが確保できました。棚板の位置を変えられるように、サイドにはレールを設置しています。

部屋に主によって表情を変えるクローゼット収納

img1108_11

img1108_13

洋室には、それぞれの住人の希望に合わせたプランのクローゼットを増設。

収納アイテムが把握しやすく、パッと手に取りやすいオープン仕様のクローゼットや、梁を利用して「見せる」「隠す」を使い分けたクローゼットなど。どのように使いたいかを聞いてプランニングする事で、プライベートな空間の快適性が増しました。

 

img1108_12

こちらの写真は仕様図に赤でマークしている部分を映したもの。正面でオープンになっている開口部は、今回のオプション工事で新設したドア。洋室の専有スペースでなく、廊下から家族全員がアクセスできるようになったことで、収納できるアイテムが広がり、使い勝手が良くなりました。

 

img1108_14

洗濯機置き場の周辺には、オープン収納をたっぷりと。ここにもキッチン同様のニッチ収納を設けて、洗剤などのボトル類をスマートに収納できるようにこだわりました。

 

img1108_19

img1108_20

▲オプション工事前の内装の様子

 

いかがでしたか? Kさま邸は、収納プランや生活動線に重点を置き、部屋全体ではなく部分的にオプション工事をプランニングさせていただきました。

製作したオーダー家具はダークブラウンの色味で重厚感がありますが、しっかり収納する部分は目隠しし、ディスプレイを楽しめるオープン部分をバランスよく盛り込むことで、圧迫感や収納家具としての存在感を軽減させています。

 

img1108_15

カーテンなど、ファブリック類を取り付けた後のリビングダイニングも撮影させていただきました。ダウンライトの灯りでやさしい雰囲気に仕上がっており、Kさまにも大変ご満足いただき、うれしく思います。

WORKS DETAIL施工事例データ

不動産名
積水ハウス株式会社
マンションブランド
グランドメゾン
新築マンション名
グランドメゾン上町台ザ・タワー
マンション所在地
大阪府大阪市中央区
オプション施工箇所
キッチン、ダイニング、玄関、廊下、洋室、洗面所
オプション工事内容
造作家具取り付け、WICの開口部変更
マンション家具
カップボード、カウンター下収納棚&吊戸棚、クローゼット収納、洗濯機上収納
カテゴリー
オーダー家具
オプション価格
2,500,000円(税別)
TOP