マンションオプションとリフォーム専門のRe:Mansion

BLOGブログ

ぴったりサイズで作るTVボードでマンションのコンセント回りのゴチャゴチャを解消!!

新年明けましておめでとうございます。

Wood Door=木戸です。

 

早いもので、2017年になって10日もたっているんですね。

10日と言えば、今日は十日えびす。関西生まれの関西育ちなので、なじみの深い祭事ですが、

実は関西圏を中心とした祭事だそうですね。ご存知でしたか??

 

 

さて、気持ちも新たに、ブログ書き始め。

 

新年1回目は、TVボードについて。こちらも何回かに分けて連載します!!

 

 

 

 

TVボードはただ、TVを置くためだけの台ではなく、DVDやゲーム機、オーディオ等の

AV機器類を置くための台でもあります。

 

 

最近ではワイヤレス化してきてはいますが、コンセントやコード類を繋いでコンセントにさす必要はあるので、

どうしても線がごちゃごちゃしがちです。

 

 

既製品のTVボードでは、コンセントに差すために壁とTVボードに隙間を

設けないと差すことが出来ないので隙間にほこりが溜まってしまいます。

 

 

また、壁の真ん中に置くとコンセントからTVボードまで距離があり、

コードが見えてしまい、見た目が悪いと感じている人も多いようです。

 

 

 

リクリエイトでは、壁から壁のぴったりサイズで家具を制作致します。

なおかつ、コンセント部分は家具の一部を切り欠きますので、

ごちゃごちゃしがちなコンセント類をTVボードの中でまとめます。

 

 

TVボードサイズについて幅

 

 

 

続いて、高さと奥行きについてです。

 

 

 

TVボードサイズについて高さ・奥行き

上記のイラストの高さや、奥行きに関してはあくまで一般的なサイズです。

 

 

特注で作るTVボードは、お客様のお部屋の間取りやコンセントの位置

合わせて調整を致します。

 

 

また、ご要望をお伺いし、そのご要望に応じたご提案をさせて頂きます。

 

下記は、TVの横にパソコンを置くスペースを作ってほしいというご要望を元にご提案しているプランです。

 

 

 

TVボード

 

横の壁の奥行きに合わせて下のTV台は作成し、上の収納は圧迫感を

軽減するために、中に入れたい物が入る寸法に調整しています。

 

 

 

高さも、今使っていらっしゃる高さが丁度良いとのことで、その高さに合わせてプランを

しております。

 

 

 

一般的なものが良いのではなく、実際に使うお客様のご要望や、ライフスタイルに合わせて作ることが出来るのが

フルオーダーで作る家具の醍醐味ですね♪

 

 

どんなデザインが欲しいのかだけではなく、何を入れてどのような

使い方をしたいのかなどもぜひお知らせください!!

 

 

それでは、今日はこのへんで。

 

 

本年もどうぞリクリエイトを宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

TOP