マンションオプションとリフォーム専門のRe:Mansion

BLOGブログ

マンションに最適な食器棚のカタチ

こんにちは!!

Wood Door=木戸です。

先週は、現場の準備でブログをお休みさせて頂きました・・・

Re-createのページで最近、お伝えした曲線のカウンターの最終チェック。

納品を済ませてきました。詳細は・・・曲線カウンターの写真をポチッとして下さい!!

S__843850

 

 

 

さて、今日は前回チラッとお話ししたCBについて。少し掘り下げてみたいと思います。

 

キッチンは他の場所に比べてコンパクトな空間の割に、物が多いスペースです。

食器、お鍋、フライパン、買い置きの食材、ホットプレートetc・・・関西の方ならタコ焼き器とか!!

食器や調理器具の量はご家族の人数や作る料理のバリエーション、洋食が多いか和食が多いかによっても異なります。

 

これから何回かに分けて、食器棚のカタチについてお話していきます。

 

オーダーメイドで作る食器棚で一般的なカタチは、

CB1

 

下台の形状が引出と開扉のパターンです。引出には、お箸やスプーンなどのカトラリーを入れ

下の開き扉には食器を入れる方が多いです。可動式の棚板なので高さを調整できる上に、

棚板を外せば、背の高い物も入れれます。買い置きの調味料やペットボトルなどをいれて

食品庫と兼用で使ってみるのも一つです。

 

上の吊戸棚は、下と同じような開扉で、上段の方にはカゴなんかを入れて収納すると使い勝手が

良くなりますよー。

また、キッチンを2人で使う場合動線が狭くなるので、引き違い扉にすると、扉の開閉スペースが

必要ないので、邪魔にならずに済みます。

この引き違い収納は、上吊り戸だけでなく下台にも使えます。

 

次回は、キッチンのゴミ箱置き場所問題についてお話しします!!

 

TOP