マンションオプションとリフォーム専門のRe:Mansion

BLOGブログ

マンション販売元のオプションとその他のオプションの違いって何だろう?

こんにちは。マンションオプションのブログを担当するツトムです。

今回のブログ記事では、マンションを販売する不動産会社から提案されるオプション販売会と、不動産会社とは関係のないオプション施工会社との違いについて詳しく説明いたします。

まずは不動産会社との違いを知ろう

20160209_04

例えば、ガス式システムキッチンからIHシステムキッチンへのオプション工事。

マンション販売元

 販売元でオプション工事をした場合、考えていたより価格が高い、選んでいる型式は1年後に最新ではなくなっている、などが考えられます。

 しかし、あれこれと販売元が動いてくれるので、選ぶだけで手間も労力も掛からずグレードアップ空間に仕上げることができる点ではメリットの高いサービスです。

オプション会社

 オプション会社で工事をする場合、販売元よりも価格が1/3程度に抑えられておりお得になっている場合がほとんどです。選ぶ型式もその時点での最新のシステムキッチンから選ぶことができる点にもメリットがあります。

 しかし、建築中のキッチンスペースにIH用の電圧が通っているのか、給水管と排水管はIHの型に適合するものなのか、マンション販売元との摺り合わせや、オプション施工に関する専門知識が必要になります。

施工品質の違い

20160209_07

 マンション販売元は大きな組織(会社)なので、必ず下請け業者がオプション工事をおこないます。その点で、価格が半端なく安い場合を除き、販売元とオプション会社の施工レベルに違いはありません。

マンション販売元とオプション会社の違い

20160209_06

 新築マンションへ引っ越すと同時に、こだわりの空間で生活をはじめられる。プランのご提案、図面やデザインの作成、お客さまのご希望を叶える。多少の経験値やセンスに違いはあれど、販売元とオプション会社とのサービスの違いに、正直びっくりするほどの差はありません。

 モデルルームを超えるような、尖った内装デザインをご希望されているのであれば、内装デザイン会社や設計デザイン事務所に依頼することをオススメします。

大きく違う点は、支払い時期とオプション施工を決めるタイミングです。

支払いの時期

マンション販売元の場合、ローンの一部として支払われます。

オプション会社の支払いは、マンションが建って完工した後になるので、マンション契約から1年後になります。

オプション注文の時期

 マンション販売元の場合、マンション契約から早いと1周間。おおよそ1ヶ月での注文になります。建築がはじまると、変更やキャンセルを断られる場合があります。追加料金で変更が可能な場合も。

 オプション会社の場合、注文は内覧会の後でもお受けすることができます。マンション契約から1年の期間をじっくり選び抜くことができるのが特徴。

では、オプション工事とは何か?

 新築マンションを購入されたお客さまと、マンション販売元(デベロッパー)との間に立ち、大切なマンション空間を第3者の立場としてオプション工事させていただく、いわば頼れる相談役のようなポジションです。

 トータル的に見てマンション販売元で施工された方がお得なオプション、私たちのようなオプション会社に依頼した方が結果的に費用を抑えられるオプション、などを公平な判断でお悩みを解決いたします。ご相談いただければハッキリとお答えします。

 マンション販売元と大きく違う点は、とにかく費用を抑えることができる、マンションが建つまでの1年かけてじっくりプランニングできる、この2点です。

無料で内覧同行を依頼する
TOP