マンションオプションとリフォーム専門のRe:Mansion

BLOGブログ

お客様各位~地震大丈夫でしたか!?~

今朝の地震、大丈夫でしたでしょうか。

かなり、大きな揺れで驚きましたね・・・。

まだ小さかったのですが、阪神淡路大震災を思い出しました・・・。

 

お見積りで、やり取りをさせて頂いているお客様の中には、

家電が倒れたり、食器が落ちてきたりして大変でしたという方もいらっしゃいました・・・。

 

 

幸い、納品をさせていただいたお客様からは、

被害や納品させて頂いた家具のトラブルは聞いておりません。

もし万が一、何かございましたらご連絡くださいませ。

 

 

今回の地震では、地震の震度、

長周期地震動階級も観測されたそうですね。

 

長周期地震動階級とは、固有周期が1~2秒から7~8秒程度の揺れが生じる高層ビル内における、

地震時の人の行動の困難さの程度や、家具や什器の移動・転倒などの被害の程度から、

4つの段階に区分した揺れの大きさの指標

 

だそうです。(気象庁HPより参照)

 

大阪、兵庫、奈良の一部で長周期地震動階級2が観測されたそうです。

長周期地震動階級2は、どれぐらいの規模を示すのか。

「高さ45メートル(14~15階建て)以上のビルで、物につかまらないと歩くことが困難。

棚にある食器や本が落ちることがある」

 

とのことです。

 

タワーマンションはもちろんのこと、マンションの高さで比較的多い高さがこの14,15階建てになります。

 

弊社の腰より高い位置に取り付ける開扉の家具には、

標準で耐震ラッチを設けています。

 

FP6A3331

 

この耐震ラッチは、地震の揺れを感知すると、ロックがかかり扉が開かないようになります。

地震がおさまると、ロックが自動的に解除されるようになっています。

ただし、扉を開ける際には中の物が倒れていて、転がり落ちてくる可能性があるので注意が必要です。

 

もちろん、家具は壁(正確には壁の中にある間柱)にしっかり固定するので、

倒れる心配もありません!!

 

 

IMG_5343

 

また、ミラーやエコカラットなども壁にしっかり接着するので、はがれる心配もありません!!

 

ミラーなどは、置き式の物でもいいかなぁーと思ってらっしゃる方も多いでしょうが、

倒れてきたりすると割れてしまい危険なので、

壁に直接貼り付けることを検討してみても良いかもしれませんね!!

 

それでは、Wood Door=木戸でした。

 

TOP