マンションオプションとリフォーム専門のRe:Mansion

WORKS施工事例

マンションの内装こんなこともできる??なんでもご相談ください。

IMG_5197

家具を施工したS様邸。実は家具以外にもいろいろやりたいとことがあったそうで、

 

家具は、ここの会社に。

エコカラットはあそこの会社に。

バルコニータイルは・・・。

 

 

と、それぞれバラバラの会社に見積もりの依頼をされていたそうです。

家具とエコカラットの組みわせが出来る話から、バルコニータイルもお任せ頂きました。

すべてをトータルでコーディネート・施工できるという点から弊社をお選び頂きました。

 

お打ち合わせを重ね出来上がったS様邸。

最終的には和室の畳も、半畳サイズの畳も納品させて頂きました。

 

今回は、家具以外にご注文頂いたアイテムをご紹介します。

 

 

 

エコカラットのオシャレな貼り方

 

マンションオプションで人気のエコカラット。

もちろん壁に単体で貼ることも多いのですが、ミラーと組み合わせるのが人気です。

ミラーはオーダーメイドなので、壁とエコカラットのバランスでサイズの調整が可能です。

 

S様は玄関からリビングに続く廊下の壁にもこのエコカラットを施工しました。

 

ザ・レジデンスにエコカラットを設置いたしました

↑グラナスルドラ/ホワイト

 

天井まで貼るイメージの多いエコカラットを、

腰ぐらいの高さまで貼って仕上げました。

いわゆる腰壁風の仕上げです。

「こんな風にしたいんです」と写真を見せて頂いた時には、こんな方法もあったのか!!と呻りました。

 

高級なホテルやレストランなどで、腰壁という装飾がなされていることがあります。

元々は意匠性を高めるたり汚れや傷防止のアイテムで、

腰壁を貼っているとクラシカルで豪華な雰囲気になりがちでした。

 

最近では、ナチュラルでカジュアルな内装が好まれており腰壁をするケースは減ってきた・・・

 

と思われていました。

 

しかし!!色や素材で、最近のテイストにも合わせられますし、

傷や汚れから壁をガードするという意味合いから、また大変人気が出ています。

 

壁紙は傷に弱いので、カバンが当たったりするとすぐに傷がついてしまいます。

ペットを飼っていると、爪でガリッとされて壁が傷だらけ・・・と悩まれている方も多いはずです。

 

貼る素材によって傷のつきやすさ等は変わりますが、

エコカラットは頑丈なので安心です。

S様のお家でもわんちゃんを飼ってらっしゃるので、

意匠性を高めながらなおかつ傷防止が出来るので一石二鳥ですね。

 

 

機能性とデザイン性

 

エコカラットは見た目だけでなく、臭いを吸収してくれたり湿気を吸ってくれたりもする優れもの。

トイレの装飾にも人気です。

 

ザ・レジデンスにエコカラットを設置いたしました

↑エコカラット/スプライン/ホワイト

 

本来はトイレのため水気をはじく「エコカラットプラス」を貼るのですがS様のご希望で、

通常のエコカラットを貼りました。

デメリットを理解していただき水がかからないように十二分にお願いしました(笑)

 

廊下とは違って、エコカラットを目線より少し下に2段分アクセントに貼っています。

そして正面にも。

 

ザ・レジデンスにエコカラットを設置いたしました

↑エコカラット/ペトラスクエア

 

ガラスの棚板もちょこんとつけています。

エコカラットは水気を吸ってしまうので、両サイドの下の方の壁にはNGです!!

正面なら大丈夫です。

 

このアクセント貼りも本当に素敵でした。

 

1種類のエコカラットでも

 

エコカラットはデザインによって値段が大きく違います。

人気のグラナスルドラや、本当の石のように見えるストーングレースは実は一番ランクが高いです。

それはつまりお値段が高いということ・・・。

 

リーズナブルなのは303角のタイプの物。

その中で人気なのは「たけひご」です。

櫛目の模様が入っており、縦向き横向きどちらでも貼れます。

 

ザ・レジデンスにエコカラットを設置いたしました

↑エコカラット/たけひご/ホワイト・ベージュ

 

S様邸では、2色のたけひごを、縦横交互に施工しました。

写真なので少し分かりにくいですがホワイトが横目、ベージュが縦目となっています。

この縦と横交互に貼るやり方は、1色でも表情に違いが出るおもしろいタイルです。

 

小さな壁よりも大きな壁に貼るのがおススメです。

 

ザ・レジデンスにエコカラットを設置いたしました

 

マンション特有のパイプスペース。

その横にカウンターがあるのですが、物が置きづらく無駄なスペースになりがちです。

そのデットスペースになってしまう部分に、棚板をつけてオープン収納として活用しました。

エコカラットと家具の取り合いを考えて施工しました。

これは、両方のアイテムを一度にご提案できる私たちだからこそ出来るご提案です。

 

和室のイメージを一新

ザ・レジデンスにエコカラットを設置いたしました

 

本当は、和室もフローリングにしてリビングとして使いたいと思っていたS様。

ただ、天井や梁の取り合いがあり一つのお部屋にするには、

費用がかかり過ぎてしまいます・・・。

なので我慢しますとのこと。

けれど普通の畳だと和室感が出てしまって嫌だ!!

半畳畳に変えることでモダンな和室になりました。

色もフローリングと合わせて黒でコーディネート。

 

襖をあけたままでも取ってつけたような和室に見えず、

リビングの延長にある空間として生まれ変わりました。

この半畳畳は、水拭きOKの樹脂製の畳なのでお手入れも簡単です。

 

後日伺うと、わんちゃんのゲージが置いてあり、わんちゃんのためのスペースになっていました!!

 

ベランダとリビングの一体感

 

リビングに入ると、目線の先にはバルコニーが。

このバルコニーにフローリングの色に近いバルコニータイルを施工することで、

お部屋がより広く見える効果があります。

 

マンションのバルコニーから外を眺めながら夕涼み。

テーブルとイスを置いて、家族の時間を過ごすのも良いですね!!

ザ・レジデンスにエコカラットを設置いたしました

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

このようにさまざまなアイテムをトータルでコーディネートすることで、

より良い空間が生まれます。

もちろん、いろいろな会社に頼むのが悪いことではありません。

ただ、打ち合わせの煩わしさや、途中で変更したことにより他のアイテムとの取り合いが上手くいかなくなった・・・

とういトラブルが起きることも。

何より、せっかくお金をかけたのに、ちぐはぐな空間になってしまうと残念です。

 

Re:Mansionでは、お部屋のトータル的な美しさや使いやすさを重視した、

マンションの空間づくりをモットーにしています。

なので、やりたいこと、置きたいも、お部屋の全体のイメージをぜひお聞かせください!!

 

こんなのもやりたいと思ってたというのも、お力になれるかもしれません。

お気軽にご相談ください!!

 

WORKS DETAIL施工事例データ

dl>
物件
ザ・レジデンス
施工箇所
アクセントウォール
TOP