マンションオプションとリフォーム専門のRe:Mansion

WORKS施工事例

一体感のあるキッチンカウンター下収納と食器棚

IMG_0225

リフォーム工事と合わせて

施工事例でリフォームを行ったU様邸をご紹介致しましたが、そのU様邸では、リフォームと合わせて家具も納品しました。

リフォーム工事を行う会社は数多くありますが、家具も同時に製作する会社はそう多くはありません。

特に、Re:Mansionは新築マンションオプションに特化していますので、食器棚、建具色合わせの家具等のご提案、ぜひお任せください。

 

 

 

今回の家具のご要望は、食器棚とキッチンカウンター下収納。

食器棚やカップボード、キッチンボード、水屋・・・など家電を置いて食器をしまう収納のことをすべて指しています。

なので使用用途も聞き馴染みもある家具かと思います。しかし、キッチンカウンター下収納は聞きなれない方も多いのではないでしょうか?

 

キッチンの間取りは様々ですが、最近のマンションの間取りではリビング・ダイニング側を向くように料理が出来る対面型のキッチンが多くなっています。

キッチンとは反対側、ダイニング側には配管などが通るPS(パイプスペース)という場所が必要なため、壁から一部出ているスペースがあります。

その部分とキッチンの天板が伸びた部分の下側に奥行きが15センチ30センチぐらいのデッドスペースが出来てしまいます。

このデッドスペースを収納スペースとして有効活用するための家具が、キッチンカウンター下収納と呼ばれます。

シンクの手元が見えないように1段上がっているタイプとキッチンの高さのまま、フラットに伸びているかのどちらかのケースが主となります。

 

カウンター下収納説明

 

このスペースは物件によってどれぐらいのスペースがあるかは異なり、図面では奥行きが深く見えたが実際は浅かったというケースも見られます。

また、カウンターの形状によっても製作できる大きさが左右されます。

ですので、あまり大きなものは入れれないと思っていた方が良いスペースです。

グラスやコップ、お酒のボトルなどを入れるにはちょうど良いかもしれません。

 

 

 

 

一体感を出すには・・・

既製品でもキッチンカウンター下収納はあります。

しかしコンパクトなスペースに置く家具なので、隙間があるとどうしてもチグハグした感じが出てしまいます。

ほんのわずかな隙間が出来てしまうぐらいならば、思い切って壁に合わせて置くのはやめる方が見た目は綺麗です。

 

既成キッチンカウンター下収納

 

なので、キッチンカウンター下収納をご検討のお客様はぜひオーダーで作ることをお勧めいたします。

 

IMG_0220

↑こちらは今回納品した家具です。壁の色に合わせた白い扉ですっきりと一体感が出ています。

天板の色に近い物を選んだり、ダイニングテーブルの色や建具の色に合わせたりすることが出来ます。

ガラスの扉にして、間接照明等を入れるとモデルルームの家具のようになります。

そこにグラスやお酒のボトルを飾ってみるとカッコいいと思います。

 

蒸気処理ユニットとのコラボレーション

定番のキッチンの扉とお揃いの食器棚ですが、U様邸の食器棚は一味違っています。

何が違うかというと・・・

 

IMG_0284

 

炊飯ジャーをしまうスペースの上部に、水蒸気を吸うユニットが付いています。

こちらのユニットが付いていることで、ご飯を炊くときや電気ケトルを使う際に、いちいちスライド天板を前に出して使用する必要がなくなるのです。

蒸気が出るものを使用する際は、天板を前に出して蒸気が家具の中にこもらないようにする必要があります。

ただ、位置によっては出しておくと邪魔になるので、この蒸気処理機付の食器棚はとても便利なのです。

こちらは、専用回路が必要になるので電気工事が発生します。

ご希望の際には電気工事、電気工事に伴う壁紙の補修等が必要になりますので、予めご相談下さい。

 

IMG_0326

 

コンセントも専用のコンセントがあり、通電すると蒸気処理機のスイッチが入るようになるで止め忘れ等の心配もありません。

 

少し分かりにくいですが、天板はキッチンと同じ人工大理石です。

 

IMG_0288

 

家電を置いたらこんなイメージです。

天板部分は、家電をたくさん置いてしまうと隠れてしまい高級な人工大理石に合わせるのはもったいないです。

今回は家電用のスライド天板を設けて天板の上をゆったりに見える部分が増えるので、高級感が出ますね。

 

P1030192

 

 

*****************************************************

食器棚の本体はもちろん、こんなアイテム付けてほしいなぁーという物があれば一度ご相談ください。

以前ご紹介したスイングダウンウォールもとても便利なアイテムで、背の低い方には持って来いです。

スイングダウンウォールの施工事例はコチラ

http://remansion.jp/jirei/1488.html

 

 

 

      ~PLAN~

U様邸カウンター下収納

 

 

U様邸CB

WORKS DETAIL施工事例データ

住所
大阪市北区
施工箇所
オーダー家具
施工金額
690,000円(税別・搬入取付施工費別)
TOP