マンションオプションとリフォーム専門のRe:Mansion

FLOWご依頼の流れ

IMAGE FLOWモノつくりの流れ

ご相談/ご依頼
まずはお電話やメール、LINEからご連絡ください。 できる限り迅速にお打ち合わせを行います。
お打ち合わせ
お客さまのご要望をお伺いします。 どのようなこだわりがあるのか、お客さまにとっての大切な空間づくりを一緒に考えます。 ここで現地調査前の概算お見積もりをさせていただきます。
現地調査
マンションの内覧会期間中に担当スタッフが同行し、現地調査を行います。 施工や取り付けが必要な箇所の実寸測定を行い、正式なお見積もりをさせていただきます。
ご契約
正式なお見積もりと納期にご納得いただいたうえでご契約となります。
製作
造作物がある場合、ご入居開始までの期間で製作を開始し、ご入居までお待ちいただく時間を限りなく短くいたします。
引き渡し
施工開始から約1週間〜で作業が完了いたします。 是正チェックを行っていただき、問題がなければ引き渡し完了となり、費用をお支払いいただきます。

SUPPORTABLE具体的なイメージがなくても大丈夫

「マンションオプションってどう注文したらいいの?」という方は多いかと思います。 例えば、「システムキッチンの色と合わせた食器棚が欲しいんだけど」 「炊飯器や湯沸し器を一緒に収納したい」の様な大体の条件があれば大丈夫です。 マンションオプション・インテリアオプション・オーダー家具のそれぞれを熟知したスタッフがヒアリングさせていただき、 こだわりの造り付け家具を使った室内空間づくりを細かくしっかりとサポートさせていただきます。
また、具体的な資料やイメージがあればぜひお伝えください。イメージに近い商品やパンフレット、簡単なスケッチでも大丈夫です。携帯電話で撮影して写真を送っていただければ、私たちがお客さまのこだわりをカタチにしていきます。
お客さまのイメージをたくさんお聞かせください。

BELIEVABLEプロによる内覧会立ち会いとお見積もり

低価格を売りにする業者さまの場合、工程上想定される補修や手直しについての作業費は含めず、見た目上安い見積もりを出し、とにかく工事を開始させることに重点をおいている場合がございます。「何かあれば追加料金を請求すればいい」と考えている業者さまも存在するようです。 これは、現地調査の段階で工程上発生し得る補修や手直しが想定できるプロがいない、という見方もできます。 そのため、想定外のことが起こった場合、高額な追加費用を請求されてしまうことや、追加作業が加味されていない予算組みの中で手抜き施工の被害に遭う場合もございます。
Re:Mansion(リマンション)ではそういったことが起きないよう、担当のプロスタッフが現地調査でしっかりとチェックを行ったうえでお見積もりをいたします。

FLEXIBLE重要なのは柔軟な対応力

まず、大手デベロッパーに依頼した際に起きたとあるお客さまの実例をご紹介します。
楽しみにしていたマンションオプションの施工が終わり仕上がりを見にいくと、設置されたカウンター式食器棚と壁の間に1cmくらいの隙間が開いていました。毎日使う台所、このままでは狭い隙間に調理中の食材などが入りとても不衛生です。
隙間ができた理由を聞くため施工業者に問い合わせたところ「その隙間は標準仕様で、埋めたい場合は別料金が発生します。」との返答。 仕方なく追加料金を支払い隙間を埋めてもらったそうですが、なんとも釈然としないお話しです。

これは大手デベロッパーにおける特徴的な問題です。
大手デベロッパーは注文を受け、下請け業者に施工を依頼します。そこには基本仕様以外の内容が含まれていないため、それ以外の施工は行わないという流れになっています。
Re:Mansion(リマンション)では、お打ち合わせから施工までのすべての工程を自社で完結できるため、繊細で柔軟な対応ができることに自信を持っています。もちろん、煩わしい既成品の仕様に縛られる必要もありません。
お客さまのご要望をお聞きし、それを実現できることが私たちの喜びでもあります。

TOP